TOP > 安全・衛生 > 学校給食用牛乳

安全・衛生

学校給食用牛乳放射性物質検査

  --- 学校給食用牛乳の放射性物質検査について ---
 2011年の東日本大震災に伴う原子力発電所の事故により、放射性物質が拡散し一部地域の
原乳の出荷が制限されるなどの措置がとられました。その後、国の指導により生産地の
自治体が検査計画を策定し、定期的に検査が行われ、既にその安全性は確保されています。
しかしながら、学校給食用牛乳について、供給先である都内の学校の保護者等の放射性物質に
対する関心が高いことから、放射性物質検査を実施しましたので結果をお知らせ致します。

 東京学乳協議会とは、都内各区市町村の小中学校等に学乳を安定供給している団体です。
協議会会員乳業者は、雪印メグミルク㈱・協同乳業㈱・コーシン乳業㈱・グリコマニュファクチャリングジャパン㈱・ タカナシ乳業㈱・森乳業㈱・トモヱ乳業㈱ ・森永乳業㈱の8社(順不同)で構成しております。
                

  《 放射性物質検査 》
    ・ 検査委託先  公益財団法人日本乳業技術協会
    ・ 検査方法   ゲルマニウム半導体検出器による方法
    ・ 検査項目   放射性核種(セシウム-134、セシウム-137)
    ・ 測定下限値  放射性セシウム50Bq/㎏

    <最新の検査結果はこちら>
     2021年度
     → 令和3年 11月検査結果(PDF)

    <過去の検査結果はこちら>
     2021年度
     → 令和3年 9月検査結果(PDF)
     → 令和3年 6月検査結果(PDF)
     → 令和3年 4月検査結果(PDF)
     2020年度
     → 令和3年 2月検査結果(PDF)
     → 令和2年 11月検査結果(PDF)
     → 令和2年 9月検査結果(PDF)
     → 令和2年 6月検査結果(PDF)
     2019年度
     → 令和2年 2月検査結果(PDF)
     → 令和元年 11月検査結果(PDF)
     → 令和元年 9月検査結果(PDF)
     → 令和元年 6月検査結果(PDF)
     → 平成31年 4月検査結果(PDF)
     2018,2017年度
     → 平成31年 3月検査結果(PDF)
     → 平成31年 2月検査結果(PDF)
     → 平成31年 1月検査結果(PDF)
     → 平成30年 12月検査結果(PDF)
     → 平成30年 11月検査結果(PDF)
     → 平成30年 10月検査結果(PDF)
     → 平成30年 9月検査結果(PDF)
     → 平成30年 7月検査結果(PDF)
     → 平成30年 6月検査結果(PDF)
     → 平成30年 5月検査結果(PDF)
     → 平成30年 4月検査結果(PDF)
     

このページに関するお問い合わせは、
  東京学乳協議会事務局
   電話 03(3264)4385
   FAX 03(3264)4510
 


このページのトップへ